YOSHITO KIYONO BLUES PROJECT
d0263172_17422237.jpg11月24日(月・祝)
予約2,800円 /当日3,300円
開店18:00 /開演19:00
〒321-3225 栃木県宇都宮市満美穴町413-1
http://www.studio-baco.com/


musician:
清野 美土 (Harm. Vo. from ハモニカクリームズ)
小安田 憲司 (Guitar, Vo.)
江口 弘史 (Bass.)
小野 秀夫(Drums.)


ブルース、アフロ、ケルトが混在するサウンドで現在スペインをはじめ
欧州の音楽シーンを沸かせる日本人バンド、”ハモニカクリームズ”の
リーダー清野美土の一時帰国に伴い、黒人音楽界の第一線を渡り歩く
面々が集う奇跡のブルース・セッションライブ。


ミュージシャン・プロフィール
清野 美土 /ハモニカ、ヴォーカル
2005年より渡仏。パリを中心にボニー・フィールド(ex: ジェイムズ・コットン、ジュニア・ウェルズ等)、キアラ(ex: フェラ・クティ)などブルース、アフロ、ジャズ、実験音楽の中で数多くのミュージシャンとセッション、ツアーを重ね、カメルーン人ベーシストのイレール・ペンダ(ex: マクラフリン、スコフィールド、ブーツィー)のアフロジャズ・カルテットで'08~'10までの間フロントマンとして在席し、ソリストを務めた。その後、自身が主宰するバンド/ハモニカクリームズでは ”ケルトブルース” という新たな民族音楽を発案し、’12年スペインにて日本人史上初の国際ケルト音楽コンクールに出場、その個性的なサウンドで10万人の観衆を前に優勝を獲得。 同時にダンス、演劇、写真、ファッションなどで音楽監督、楽曲制作も行う。 現存する世界最古のハモニカメーカー(独)サイドルとエンドーザー契約を結ぶアジアで唯一のハモニカ奏者。※’14年現在


小安田 憲司 /ヴォーカル、ギター
1978年、B.B.King & Albert King の来日公演に衝撃を受け、以降、吾妻光良&E-Chang Brosなど数多くのブルースバンドで活動を開始、Hi Tide Harris Blues Band などを経て、現在は江口弘史(b)、中道勝彦(key)、石田一郎(ds)とのSun Alley、自己のバンドのShine-A-Lites、牧野元昭との5 Good Men、入道(vo)のBlues Train他のセッションなどで活動中。


江口 弘史 /ベース
15歳でベースを始め、18歳の時にシカゴへ渡米。以後はシカゴをベースにアメリカで演奏活動を行い、ベーシスト、作曲家としてメイビス・ステイプルズ グループなど数多くのバンド、ミュージシャンの活動に参加する。'04年の帰国からはSun AlleyとGroove Signを中心に田中良、Kotez、Full Swing、Suzi Kim、牧野元昭、等のバンド/セッションに参加。
アメリカでの共演アーティスト:
Mavis Staples, Sugar Blue, Pinetop Perkins, Ariyo, Sista
Monica, Detroit Jr., Jodie Williams, Byther Smith, Billy Branch, Willie ‘Big Eye’ Smith, Eddie Taylor Jr, Lurrie Belle, Carlos Johnson, Michael Coleman, Melvin Taylor, Nellie Travis, David ‘Honeyboy’ Edwards, Tatsu Aoki, Anthony Brown, Robert Irving III, Bobby Broom, Willie Pickens, Vince Green, 他。


小野 秀夫 /ドラム
13歳でドラムを始め、21歳で上田正樹のバンドに参加、その後、1985年に自身のバンド、アプサラスで、モントル・ジャス・フェスティバルに出演、マイルス・デイビスのオープニング・アクトを務める。2001年に上京、近藤 房之助、喜太郎のワールドツアーに参加。現在に至る。


Drink&Food
mikumari http://mikumari2006.blog108.fc2.com/
自然豊かな栃木県芳賀町にある「mikumari」は、その時々に穫れる旬の野菜を中心にした料理を提供してくれる自然派レストラン。毎日、採れたての新鮮野菜を15~20種、さまざまな調理法で盛り合わせ、また、地元産のオーガニックな肉類をシンプルな料理で味わわせてくれます。使う食材はすべて自家産もしくは、地元産のものばかり。“地産地消”へのこだわりをつらぬいた店です。料理はもちろんのこと、店内も木の風合いを活かしたオーガニックな雰囲気のインテリア。心和む空間で、足しげく通うファンも少なくないそう。予約制ではありませんが、決して座席数の多くない店内。すぐ満席になってしまうことも多いので、予約していくのがおススメです。


予約の際は電話にてお名前と人数をお伝え下さい。
TEL 028-666-8715

メールでの ご予約はこちらから
studio85baco@gmail.com

送信の際、メールに公演日/氏名/枚数/電話番号 をお書き添えください。
メールの返信に数日間かかる場合がございますがご了承下さい。
[PR]
by studiobaco | 2014-10-26 17:42 | music
<< 年末年始の営業スケジュールのお知らせ はいざらこうかん/マンマリカ ... >>